ほくろ除去はどこで行えるのか|相場費用を調べる

女性

医療機関ごとの特徴

ナース

顔や首、腕や体に目立つほくろがあってどうにかしたいという人は、医療機関へ行ってほくろ除去をするといいでしょう。自宅でクリームやジェルを用いてほくろ除去を行うという方法もあります。しかし、それらの場合は大きな効果が得られない場合や、効果が得られても傷跡のようなものが残ってしまうことがあるのです。綺麗にほくろ除去を行いたいという人は、医師の元で治療を行ってもらいましょう。ほくろ除去は、皮膚科や形成外科、美容外科で行うことができます。この中からどの科を選べば良いのか迷うという人もいるでしょう。それぞれの特徴をしっかり踏まえた上で選ぶことが大切です。

まず、皮膚科でほくろ除去を行った場合、ほくろの状態によって保険診療で治療を行うことができます。また、皮膚科では本当にほくろなのかどうか検査をすることができます。例えば、ほくろだと思っていたのもがメラノーマ(悪性黒色腫)という皮膚がんだったということもあり得るのです。このメラノーマはほくろとよく似ており、しっかり検査や診断をしないと見分けることができないでしょう。いきなり大きくなったほくろに不安を覚えているという人は、検査も兼ねて皮膚科で相談しましょう。皮膚科では、しっかりとほくろを除去することを目的として治療をすることができるので、再発の可能性を低くなります。ただし、除去した部分に傷跡が残ってしまうこともあるので見た目を重視したい場合は他の医療機関も検討してみるといいでしょう。

形成外科でも、ほくろ除去のときに保険を適用することができます。皮膚科と同じように費用を抑えることができるのです。そして、形成外科では術後の傷跡にも対応してくれるでしょう。ただし、その部分が美容目的になる場合は保険が適用できないので、高額になる可能性もあります。美容外科で治療をする場合は、美容目的ということになるのでほくろ除去に保険が適用されません。

皮膚科や形成外科、美容外科の違いとともに、どんな施術ができる病院なのかということもきちんと調べて置くといいでしょう。例えば、メスを使った切除縫合法しか行えないという病院もあれば、レーザーや電気メス、くり抜き法などいろいろな方法で治療をすることができるというところもあります。設備がどれだけ整っていて、どれだけ治療メニューがあるのかということも医療機関を選ぶときには大切です。さらに、医師の実績や腕前もほくろ除去をするときには気にしたほうがいいでしょう。症例数や術後写真をホームページに載せているところもあります。口コミや評判を検索して見比べ、信頼できる医師がいる医療機関を探しましょう。