ほくろ除去はどこで行えるのか|相場費用を調べる

女性

どんなケアが必要か

相談

体や顔の気になるほくろを除去したという人は、しっかりとアフターケアを行うようにしましょう。術後に気を抜いてアフターケアを疎かにしてしまうと、せっかくほくろ除去をしたのにシミや赤みが残ってしまいます。また、場合によってはほくろが再発してしまうこともあるのです。一度できちんと除去をするためにも、アフターケアが大切です。術後にどのようなことを心がければ良いのかしっかり医師から聞いておきましょう。

ほくろ除去後、一番気をつけなければならないのが紫外線対策です。これはレーザーや切除、くり抜き法などどのような方法の場合でも気をつけておいたほうがいいでしょう。ほくろは紫外線の影響でメラニンによってできることが多く、再発を防止するためにも紫外線は避ける必要があるのです。跡ができている部分を保護したい場合、病院や薬局で手に入る専用のテープや絆創膏を貼るといいでしょう。また、それと合わせて紫外線を吸収しないタイプの日焼け止めを使うこともおすすめです。一般的な日焼け止めの多くは紫外線を吸収するようなタイプなので、敏感肌の人が使うようなものや赤ちゃんの肌に使えるようなものを探してみるといいでしょう。この他にも、日傘や帽子、手袋やマスク、アームカバーなどの日焼け対策グッズを用いるという方法もあります。

ほくろ除去で炭酸ガスレーザーやくり抜き法を用いて治療をした場合、医師から塗り薬を処方されることがあるでしょう。炭酸ガスレーザーやくり抜き法を行った後、その部分の皮膚は火傷に近い状態で乾燥しやすくなっています。渡された塗り薬やテープを用いてしっかりと保湿ケアをすることが重要になるでしょう。保湿して肌の乾燥を防ぐことで、傷跡もできにくくなるでしょう。そして、どのような方法で治療をした場合も紫外線を避けることと同様に、その箇所に大きなダメージを与えず清潔に保つよう心がけてください。

こういったアフターケアを怠ってしまうと、ほくろ除去の跡が残ったり、その部分が盛り上がってしまったり、ほくろが再発して再び除去が必要になってしまいます。まずは、医師に支持された通りアフターケアを続けていきましょう。