ほくろ除去はどこで行えるのか|相場費用を調べる

ほくろは治療で無くそう

どんなケアが必要か

ほくろの除去を行った後は、アフターケアが必要です。例えば、炭酸ガスレーザーやくり抜き法を使った治療を受けた場合は塗り薬で保湿や保護するようにしましょう。このようなケアを怠ると、跡が残ったりほくろが再発したりしてしまいます。

医療機関ごとの特徴

ほくろ除去を行える皮膚科や形成外科、美容外科はどのような違いがあるのでしょうか。また、どういったことに注目して医療機関を選べばいいのか考えておきましょう。いろいろな治療方法から選びたい人は治療メニューが豊富なところを探すといいでしょう。

医療機関に頼る

ドクター

いつの間にか顔や腕、体にほくろができているという場合があります。小さいものや目立たない場所にできているほくろなら気にならないことも多いでしょう。しかし、それが顔や人の目につくような部分にあった場合、どうにか除去できないものか悩む人もいるのです。ほくろ除去をする場合には大きく2つの選択肢があります。まず一つが自分で市販のクリームやジェルを用いて行うという方法です。この方法なら費用も少なく気軽に行うことができるでしょう。ただし、部位や状態によっては自分で判断せず、皮膚科や形成外科、美容外科など医師の元で除去を行ったほうがいいというほくろもあるのです。例えば、ただのほくろだと思っていたら皮膚がんだったということあります。専門の医師がしっかり診断しないとわからないことがあるので、ほくろ除去はなるべく医療機関で行ったほうがいいと言えるでしょう。また、自分で下手に除去を行って失敗してしまうということも考えられます。ほくろの跡を目立たせずに除去をした人や、しっかりアフターケアをしたい人は医療機関でほくろ除去をするようにしましょう。

ほくろ除去を皮膚科や形成外科、美容外科で行う場合に気になるのが費用のことです。市販で売られているほくろ除去グッズは高かったとしても1万円以下の値段で手に入れることができるでしょう。しかし、これらの医療機関でほくろ除去をお願いした場合は診断や処置費用が必要になり、市販の場合よりも高い費用となってしまうのです。そして、ほくろ除去はどの医療機関を選ぶのかによっても費用が異なってしまいます。例えば、皮膚科や形成外科へ行った場合は、一部のほくろ除去で保険が適用されるので費用を抑えることができるでしょう。一方、美容外科は美容目的でほくろ除去ということになるので、自費診療となり保険を使うことができません。そのため処置にかかる費用は全て自分で負担しなくてはいけないのです。

ほくろ除去の費用は医療機関の種類だけで決まるわけではありません。各医療機関はほくろの大きさや状態、除去方法などいろいろな要素を合わせて費用を決定しています。例えば、直径1mm未満の小さなほくろであれば、5千円前後の費用となります。それが4mmほどの大きさになってしまった場合は1万円くらいの費用が必要になるでしょう。また、炭酸ガスを用いたレーザーで除去を行うという場合は、数千円から5万円未満が費用の相場になります。高周波メスで取り除くというばあいは3万円になることもあるようです。この他にも、くりぬき法や凍結法、切除縫合やQスイッチレーザーなどの施術が用意されていますが、いずれも数千円から5万円前後で費用が設定されていることでしょう。

除去できる治療法

顔や体の目立つほくろの除去は皮膚科や形成外科、美容外科で行うことができます。盛り上がりがなく小さいものであれば、Qスイッチレーザーでほくろ除去できるでしょう。盛り上がりがある場合は炭酸ガスレーザーが適しています。

ほくろを増やさない

ほくろ除去の前に、ほくろができてしまう理由を知っておきましょう。後天的な理由と先天的な理由があり、多くのほくろは紫外線の影響によって出来てしまいます。紫外線対策がほくろを増やしたり大きくしたりしないために必要です。